乾燥対策を怠った結果の妊娠線

わたしの妊娠生活は、楽なものではありませんでした。ずっと何かしらのつわりがあり、マタニティライフを楽しむことができませんでした。特に、ずっとつきまとったつわりは、匂いづわりです。何がダメになったかと言うと、シャンプー、リンス、ボディソープ、洗濯用洗剤、柔軟剤、食器用洗剤、その他いい匂いがするものです。更に言うと、普段感じないような匂いまで感じるようになりました。

まさに生き地獄です。そのため、お風呂も匂いの宝庫で、吐きそうになりながら入るようだったため、お腹の大きくなってきた11月頃から2日に1回になりました。本当はそれでも妊娠線予防は毎日した方が良かったのでしょうが、クリームやオイルなど匂いがしなくても触るのが苦痛だったため、お風呂に入った日のみ妊娠線予防でクリームを塗っていました。

冬だったため、肌はかなり乾燥していました。経産婦の方々が口を揃えていうのは、妊娠線、肉割れを起こさないためには乾燥をさせないことだそうです。しかし、私はそれをやってしまっていたため、スイカみたいな妊娠線が出来てしまいました。出産をすればしろく残る程度だと聞いて、軽い気持ちでいたのですが、出産をし、お腹がぺったんこになっても妊娠線は消えず、ピンクに肉割れがくっきり残っています。今更ながら苦しくても保湿はきちんとやっておけばと後悔しました。これから妊娠したり、お腹が大きくなる皆さん、妊娠は思いもよらないことが起きますが、お腹の保湿は欠かさずにしましょう。

妊娠線でき始めの対処法を教えて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です