食べれば良いという訳ではありません

目元が老けてきた。そう感じる女性はかなりいると思います。
肌を明るくしたり、白くしたりする栄養素としては、やはりビタミンCの効果を期待する人もいると思います。
ですが、食べ方や使い方によっては、逆効果になってしまう事があります。

かつてはレモンパックなどと言って、昔は多くの女性がレモンの輪切りを顔に乗せたりもしていましたが、これは全くの逆効果です。
確かにレモンにはビタミンCがたくさん入っていますが、ですがそれは体内に入った場合なのです。
肌表面についた場合、一時的にはシミが減ったように感じるかもしれませんが、将来的にはやはりシミになってしまうのです。

そして、ビタミンCを摂るにはその時間帯も関係すると言われています。
出来れば、これから紫外線を浴びる前や、就寝前に摂ると肌にシミが出来づらくなります。
そして、トマトに含まれるリコピンの栄養も忘れてはなりません。
リコピンにはシミを抑えて、活性酸素を取り除く効果があり、コラーゲンを増やし、なおかつ体の中にコラーゲンを留めておくという効果があります。
目元のシミやクマが気になるという人は、ビタミンCと一緒にリコピンの摂取も忘れてはいけません。

肌に良いとされる栄養をしっかりと摂ってから外出すると、シミを少なくする事と、新たなシミが出来る事、この二つの効果を期待する事が出来ます。
しかし、食べるタイミングと、食べ過ぎには充分に気を付ける事が大切です。ただ、食べれば良いという訳ではないのです。

アイクリームは口コミで選べ!目のたるみをスッキリ解消ベスト3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です