保湿とお腹の皮膚を支えて妊娠線予防

妊娠線というのは、妊娠した女性はほとんど出来てしまうと言いますね。妊娠線は出産までの間に急激にお腹が大きくなっていくのに皮膚の伸びが追いつかなくて出来てしまう断裂跡を言います。妊娠するとホルモンの関係で肌に潤いと弾力がなくなる為に起こる肉割れといえます。1番多いのはお腹に出来る場合ですが、お尻や胸にも出来る人はいて個人差があります。

最初は、赤紫の細い筋ですが段々と白っぽくなりはしますが、一度出来てしまうと、完全に消える事はないと言われますので出来ないよう予防する事が大切になります。その予防法としては、小まめに保湿してあげる事が第一です。潤いが不足しやすく、伸びに対応出来ないということを防ぐ為にもなるべくしっかりと休まず保湿を続けたいですね。

また、大きくなったお腹の皮膚に負担がかかると出来やすいので、負担を減らす為にも腹帯をつけてあげるようにすると良いです。お腹の保温保湿効果もあるのでおススメですね。

妊娠線の予防はいつからと決まりはないですが、習慣にする為にも初期から始めるのが1番です。私は初期に早くも妊娠線予防の為のクリームを準備していました。お腹の大きくなり始める5ヶ月ごろからでも間に合いますが、早くから意識はしておくのが大切ですね。お腹がいつ急激に大きくなるかは、本当に個人差があるとしか言えません。

私も後期になってから急激に大きくなったので妊娠線予防を必死にしていました。とはいえ私の場合は、大きくなっても比較的お腹の赤ちゃんは小さめだったからか予防のおかげなのか妊娠線は出来ませんでした。

妊娠線の予防はいつからがいい?おなかが大きくなる前からがおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です