妊娠線や肉割れの対処法について

妊娠線ができてしまう原因は、急激な体重増加が理由です。赤ちゃんが成長して、羊水や血液の量が増加してしまうからなんですね。人によりますが、中には20kgを超えてしまう妊婦さんもいて、身体の動きが鈍くなり、お腹の痛みも苦痛に感じてしまいます。こうした妊娠線が出ないようにするための完全方法はいくつかあります。

一つは妊娠前から妊娠初期にかけて使う、妊娠線専用のクリームを塗ることです。クリームにはセラミドやコラーゲンがたっぷりと含まれているため、肌内部の水分を逃さないようにしてくれます。また、妊娠線はしっかりとボディケアをしていないと、何の改善にもなりません。真皮層が耐え切れずに切れてしまうという状態になることで、妊娠線ができてしまいます。

妊娠初期はお腹が急激に成長するということはないですが、中期や後期にさしかかると胎児が急激に成長するのです。赤ちゃんがお腹の中にいる場合、体内に影響のない成分でケアをするのが一番お勧めのやり方です。もう一つは、レーザー治療で妊娠線を消すというもの。出産して、あまりに妊娠線や肉割れがひどい場合、消す方法としてレーザー治療を選択する方もいます。

実際に私の友人で、出産した後に肉割れがひどく、レーザー治療で消したという人がいます。多少お金はかかりますが、肉割れができている部分にレーザーを当てて、熱刺激を与えることにより、皮膚組織の再生を促すことで肉割れを目立たなくするのです。また肉割れの大きさによっては、比較的短期間で治療してもらえることができますよ。この記事を読んでぜひ参考にしてみてください。

妊娠線 クリーム 敏感肌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です