光コラボレーションって何?

みなさんが光回線を引くときに「光コラボレーション」という言葉を耳にしたことがあると思います。でもこの言葉だけでは何?って思いますよね。

実は光コラボレーション(以下だけ、光コラボ)とは、光回線を使って事業を行いたい会社が、NTT東日本やNTT西日本から光回線を仕入れて、エンドユーザーに提供する事業の形を言います。

ということなので、「○○光」の名で提供されている光コラボ形態の光回線は、「フレッツ光」と速度・品質などの設備面でのスペックは全く変わりません(もちろん保守やお客様応対なのでソフト面でのサービスは変わってきます)。

具体的なサービスの提供形態は、これまで「NTT東日本・NTT西日本→ユーザー」だったのが、「NTT東日本・NTT西日本」→ 「光コラボ事業者 」→ ユーザー」になります。光コラボ事業者は単なる代理店ではなく、電気通信事業を行う責任を持った事業者になる点も重要なポイントです。ユーザーへのサービス提供責任は光コラボ事業者にあるので、ユーザー対応などの業務を責任を持って行う必要があります。

事業者の一例は、携帯電話事業者であるドコモやソフトバンク。ソフトバンクはソフトバンク光という名称で光回線を提供しています。光回線と親和性の高いスマホとのセット利用でユーザーを囲い込むなど事業を展開しています。

便利で安くなることは良いことですよね!

ソフトバンク光 キャッシュバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です